他の内装工事との違いとB工事の内容を知っておくのがカギ

サイトマップ

B construction

なぜB工事はオーナー指定業者が行うのか

オフィス工事の一つ、A工事はオーナーが業者を選びオーナーの費用負担で行われます。そしてC工事は入居者が業者を選び、入居者の費用負担にて行われます。この二つの工事については、不思議なところは一つもないでしょう。しかしながら、B工事になるオーナーが業者を選び、入居者が費用負担を行うことになります。費用は負担するのに業者を選べないという点に疑問を持つ方は大勢いらっしゃるのではないでしょうか。
B工事が業者指定なのには、しっかりとした理由があります。その理由を知れば、多くの人が納得できるのではないでしょうか。比較的大きな工事になることもあるB工事では、ビルの構造躯体に影響を与える可能性が考えられます。しかし業者を指定して揃えることで、ビルの構造躯体へ影響を抑えてビルを安全に保ち管理していくことが可能になります。また指定業者の方が統一的な原状回復がしやすいというのも、利用の一つになっています。
このようにB工事で業者をオーナーが指定するのには意味があります。ただしオーナーと相談をすれば、工事の内容次第ではB工事からC工事に変えてもらうということも可能です。そのこともあわせて覚えておくようにしましょう。

TOP