他の内装工事との違いとB工事の内容を知っておくのがカギ

サイトマップ

B construction

B工事とは何かしっかりと理解しよう

オフィスや店鋪を借りる時には、様々な工事が必要になります。施設全体に関わるような大きな工事はA工事といってオーナーが行いますが、自分が使う部分の工事はB工事またはC工事と言って、入居者が費用を支払い行います。ここで一つ注意したいのが、B工事独自の特徴です。B工事は一般的な工事と異なる部分がたくさんありますので、その点をしっかりと理解しておかないとトラブルの原因になってしまいます。
B工事は前述の通り入居者が費用を支払い行いますが、実は業者はオーナーが選ぶ決まりになっています。またその際の資産区分もオーナーとなっているので、注意が必要です。業者を自分で選ぶ前提で計画をたててしまうと、費用が足りなくなる可能性があります。なぜなら指定業者は競合相手がおらず、また自分で業者に価格交渉をすることもできないため、通常工事よりも料金が高くなりがちなのです。
B工事にはこのような特徴があり、通常の工事とは勝手が全く異なります。またどの工事をB工事で、どの工事をC工事で行うことになるのかも事前に確認をして、交渉の余地がありそうな時にはしっかりとオーナーに相談をしましょう。そうすれば、何もしないよりは工事費を抑えることができるはずです。

TOP